【2018年3月】ブログURLがhttps://hirokuasaku.netに変わりました。

【ネタバレあり】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を鑑賞!次代のサーガを観た!

こんにちは、@ゆーせーです。

今週、やっと「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観てきました。

前作の「フォースの覚醒」が個人的にはあまり好きではなく(というかJ・J・エイブラムスの映画が嫌い)、スターウォーズを映画館で観るのは義務と感じつつも映画館から足が遠のいていたのですが、やっと観てきました。

というわけでいつものようにネタバレありの鑑賞記!今回は素晴らしかったぞ、スターウォーズ!!!

今作は渋い!

ちなみに前作のクソノスタルジー映画の感想は下記の記事にまとめてあります。

あとこれまた素晴らしかった「ローグワン スターウォーズ・ストーリー」の鑑賞記も載せておきます。

素晴らしかったぞスターウォーズ!

まずはもうただの感想。今回は素晴らしかったぞ、スターウォーズ!!(二回目w)

フォースの覚醒に旧三部作俳優陣が出演(ハリソンフォード、マークハミル、キャリーフィッシャー)するという話が現実化し、ただの旧三部懐古主義のクソ映画であるフォースの覚醒の設定を引きずりながらも続三部作の新キャラクターたちへとバトンを繋ぐ素晴らしい作品だと思いました。

今回はスターウォーズ界の神様であるジョージルーカスも「Beautifully Made.(見事な出来だ。)」と賞賛したのも納得ですね。

個人的には旧三部作主人公であるルークスカイウォーカーに引導を渡したことは非常に感慨深かった。

小さい頃からスターウォーズをずっと観てきた自分としては、心のヒーローが映画のように次の世代に希望を託しながら逝ってくれたのは最高のフィナーレだったわけです。

しかしマークハミルもキャリーフィッシャーも数年前まで激太りしてて、完全に引退してたのに、ダイエットの成果と最近の映画の技術はすごいですね笑

これが当時の二人の写真w

作風は基本的に帝国の逆襲を踏襲

今回の最後のジェダイですが、作風は帝国の逆襲の踏襲でしたね。最初から最後まで終始反乱軍は劣勢に立たされ、希望というものはまったく描かれません。

ただしかし最後にほんの少しだけ残った希望を糧に次に繋がる映画。そんなところが「エピソードⅤ/帝国の逆襲」と酷似。

特にクライマックスは残った反乱軍が希望を胸に終わるかと思いきや、途中に出てきた奴隷の少年がローズにもらった反乱軍の指輪をつけて、満点の星空を見ながら笑顔で終わるというのが良かった。

しかもこの少年は箒を引き寄せていたことからもフォースが使えます。

今作の最後のジェダイとはルークスカイウォーカーであり、レイであり、カイロレンであり、この少年なわけですね。

ルークスカイウォーカーのサーガの終焉

「エピソードⅣ/新たなる希望」で屈託のない笑顔で颯爽とスクリーンに登場したルークスカイウォーカーが「エピソードⅧ/最後のジェダイ」でついに逝きました。

アナキンスカイウォーカー(ダースベイダー)の強大なフォースを引継ぎ、ダースベイダーを改心させ、銀河帝国を倒した男の物語が一応の完結をみたわけですね。

今作の役割としては主人公・レイの指導者として、エピソードⅣのオビワンやエピソードⅤのヨーダのような指導者として役割でしたね。

そして最後はカイロ・レン(ベン・ソロ)の前に立ちはだかり、ルークの中でのレンとの決着をつけ、反乱軍を逃すことに成功しました。

ルークがなぜ最後に身体ではなく、精神でカイロ・レンと対峙したのかはなんとも言えないですが、身体で対峙してもカイロ・レンに勝てないことはわかっていたことと、この場合のルークのやりたかったことはカイロ・レンの良き心を信じることと、反乱軍を逃すことにあったと思うのでこれでいいのではないでしょうか?

あとは劇中にでてきた、ミレニアムファルコンへの搭乗、R2からの説教と若きレイアのホログラム映像、そしてヨーダ(しかも帝国の逆襲のパペット版!)との会話は旧作を観てきたファンサービスに近いですね!

まあ肉体は逝きましたが、ルークがエピソードⅨ(エピソード9)でフォース・スピリット(霊体)として出てくるのは間違いないと思います笑

登場人物の成長物語

今作は主人公たちは終始劣勢に立たされますが、各々のキャラクターはみな成長したのも本作の特徴。

ポーダメロンは反乱軍一のパイロットですが、向こう見ずで無責任な性格が玉に瑕。結果的に最初の戦いでは多くの反乱軍を失うことになりましたが、最後の戦いでは撤退を選択。結果的に反乱軍の逃亡成功に繋がりました。

レイもルークの下でフォースを学びつつ、最後までダークサイドの誘惑に屈しませんでした。自身の出自に対してもひるまず、この映画の中でもっとも揺らがなかった人物だったと思います。

カイロ・レンもスノークを倒したことでファーストオーダーの最高権力者へ。善き心に抗いつつもダークサイドへより近づいていっています。今作でもっとも試された人物でもありますね。

フォースの表現拡張について

本作は賛否が分かれる作品でもあります。理由は特にフォースの力の拡張にあると思います。

特にレイアが宇宙遊泳して生還、ルークが生きながらに霊体としてカイロ・レンと闘うなどなどフォースの全能感が強調されています。

しかしこれは製作者サイドの攻めの姿勢として肯定的に捉えられると思います。

「エピソードⅣ/新たなる希望」からみていた観客は「エピソードⅥ/ジェダイの帰還」で初めてフォースを使えば電撃も放てることを知りました。

「エピソードⅠ/ファントム・メナス」ではフォースの強さはミディクロリアンの多さで決まることがわかりました。

スターウォーズは懐古主義の映画じゃありません。常に過去作を壊しながら進化する映画です。

そういった意味で自分は「エピソードⅠ/ファントム・メナス」から「エピソードⅢ/シスの復讐」までCGを多用して攻めたスターウォーズ新三部作も旧三部作と同様に自分は好きです。

そしてフォースの覚醒はまったく新しいものがなく懐古主義に走っていることが嫌いです。

そういう意味で本作の新しいスターウォーズを作っていこうという姿勢が好きです。

スノークの雑魚さについて

本作ではファーストオーダーの最高権力者であるスノークが強そうに見えてかなりあっけない死に方をします笑

そして存在をまったく深掘りしていないw

このあたりを酷評するファンもいますが、そもそもエピソードⅥの皇帝パルパティーンだって強そうだったけどあっけなくダースベイダーに倒されたし、スターウォーズの世界ではラスボスが最強とは限りません。

今作もそのあたりを踏襲したと納得しました。

スカイウォーカーのサーガは次代へと繋がる

本作で、レイの出自は名もなき人間でした。これはスターウォーズサーガでは信じられないことです(スカイウォーカー家の家族喧嘩の話なので)

しかし、これを信じるとしたらむしろフォースの覚醒からエピソード9の主人公はカイロ・レンと捉えた方がいいかもしれません。

カイロ・レンはレイアの息子としてスカイウォーカーの血を引いているので。

一方でまだレイアも生きているし、レイもやっぱりスカイウォーカーの血を引いてましたwwwとなる可能性があるのもスターウォーズあるあるです笑

いずれにせよエピソードⅢ/シスの復讐から始まったルークのスカイウォーカーサーガは次代に受け継がれます。

エピソードⅨを占う

そして最後にエピソードⅨ予想!

このあたりはレイア役のキャリーフィッシャーの死と、ディズニーが発表した新しい三部作(エピソードⅩ、Ⅺ、Ⅻ)ではスカイウォーカー家が中心とはならない物語というコメントから紐解けるかもしれません。

つまりエピソードⅨでスカイウォーカーの血筋は途絶えるのではないでしょうか?

大胆な予想ですが、レイアとカイロレンは死ぬのではないでしょうか。

そして真の意味でフォースにバランスがもたらされるのではないかと。。。

そしてフォースと銀河にバランスをもたらすのは名もなき人間出身のレイ。

このあたりがどうなるのかはエピソード9を待つしかないですがワクワクしますね!監督がJ・Jであること以外は笑

いずれにせよ、また巨大なスクリーンで観たい!そういう映画に「最後のジェダイ」は仕上がっていました。

まだ観ていない人は劇場へ急げ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください