デリーからマナリへ自力でバスで行く方法!

こんにちは、ゆーせーです。

夏休みにデリーからマナリを経由してスピティ谷を訪れました。

デリーからマナリへのアクセス方法ですが、このあたりの情報がニッチであまりガイドブックやネットにもあまり情報が落ちていないので今回はたっぷりアクセス方法を書きたいと思います。

また、デリーとマナリ間は復路もバスを利用したのでそのあたりも書きます。

デリーからマナリのバスによる移動概要

デリーからマナリ、またマナリからデリーともに夏の間は一日複数の便がありました。

デリー、マナリともに午後から夜にかけて複数の便があります。

価格は650-1500ルピー前後です。価格はAC(エアコン付き)とそうでないものでかなりバラツキがあります。

発着場所はデリーのI.S.B.T. カシミア・ゲートとマナリのローカルバススタンドあるいはプライベートバススタンドです。

デリーのI.S.B.T. カシミア・ゲート

マナリのローカルバススタンド

マナリのプライベートバススタンド

主にエアコン付きのバスやツーリストバスはプライベートバススタンドから運行するようです。

所要時間は約14時間

注意

途中の道路事情で遅れます。雨季などで道が崩壊した場合は最悪24時間以上かかる場合もあるようなので注意しましょう。

注意
デリー発のマナリ行きバスはプライベートバススタンドが終点です。

つまりニューマナリ中心部には直接入りません。ただし、エアコンなしの普通バスなら中心部のバスターミナルまで入るかもしれません。このあたりは臨機応変にご対応下さいませ。

ここからは実際にデリーとマナリ間を移動した体験記となります。

行きは快適なAC付きでした。

行きのバスはデリー国際空港から直行でデリーのI.S.B.T. カシミア・ゲートへ行って乗車しました。

東京からデリーに着いたのが夕方の17時ごろ。

この時点ではデリーからマナリ行きのバスがあることは確認できましたが、一日に何本発着しているのかわかりませんでした。

最悪、一日1本しかない場合はこの日はデリーに宿泊することも覚悟し、おそらくマナリ行きのバスが発着していると推測できたデリーのI.S.B.T. カシミア・ゲートに行ってみました。

デリーのI.S.B.T. カシミア・ゲートはデリーメトロのイエローラインのKashmere Gate駅から徒歩ですぐの場所にあります。ニューデリー駅からの運賃は20ルピーです。

下記の通りの場所です。Kashmere Gate駅の7番ゲートを出て、少し右手にある大きな建物です。

この場所は大きなバスターミナルでかなり多くのバスが発着しているのですぐに分かると思います。

訪れて、インフォメーションに確認すると21番ゲートからでているとのこと。

行ってみるとマナリ行きのバスを発見!ありました!

時刻表も確認できました。マナリ行きをだしているバス会社HRTCの全路線時刻表貼っておきます。

午後の18時から21時50分まで約30分から1時間間隔で発着していることごわかりました。

逆のマナリからデリー行きの同様に複数便ありますね。

いやー、さすがはインドの避暑地、マナリ。

一部ではマナリはバックパッカーの聖地とも呼ばれてますし、けっこうバスが発着してますね。

しかし驚いたのは乗車料金でした。

この時点では旅行会社でツーリストバスを頼むと1000ルピー前後、直接バスターミナルに行くと600ルピー前後と考えていました。

しかし窓口で言われたのは1500ルピー。

目が点になりました。自分の情報も少し古いと思っていたので値上がりしたとも考えましたが、さすがに二倍以上はありえない。ボラれてるのかと思い、周りに確認しましたがこの料金で適切とのこと。

そういうことならと渋々乗車しました。

この価格ですが、後から気づいたのがエアコン付きだから高かったのでした。

そしてエアコンなしのバスはマナリなら16時発が最終、デリーでも17時発がおそらく最終なのでこの価格が適切なようです。

ただし、旅行会社経由でツーリストバスを利用する場合は900ルピー前後なようなのでもしかして バスターミナルで直接頼むよりも安いかもしれません。(マナリの旅行会社でデリー行きを確認したら900ルピーと言われました)

もし時間に余裕のある方はデリーの旅行会社に確認した方が良いかもしれません!

14時間のガタガタ道

そしてバスは定刻通りの19時に出発!

1500ルピー出しただけあり座席はリクライニングするし、水もらえたし、エアコンも効き過ぎなくらい効くし快適でした。

乗車料金が高いからか乗客も少ないし、途中乗車もありません。

休憩も2,3時間に一回程度ありました。

また23時くらいに食事休憩も挟みました。

ただ、さすがは14時間かかるだけのことはあります。

途中まではコンクリートの敷かれた綺麗な道でしたが、マンディという街を超えたあたりからかなりのガタガタ道でした。

またマナリは標高2000mの場所に位置するので途中から山間の坂道が多くなりました。

途中からは道が狭くなり、渋滞が発生。かなり待たせられました。

道路も冠水状態です。

とはいえ、19時に出発したバスは10時ごろにマナリのプライベートバススタンドに到着。大きな遅れもなくて安心しました。

帰りはACなしに挑んでみました。

そしてマナリからデリーまではエアコン付きではなく、エアコン無しの普通のバスにチャレンジしてみました。

バスチケットはローカルバススタンドで買えます。

エアコン無しのバスは16時発までしかないってことで、16時発にしました。

エアコン付きのバスの料金はデリー発と同じでした。

また、ツーリストバスはバスターミナル付近の旅行会社でどこでも予約できます。

ツーリストバスはエアコン付きでは900ルピーとかでしたので、ツーリストバスの方がコスパいいですね。

エアコン無しバスはこんな感じ。完全にローカルですね(笑)

ローカルバスだけに各地で停車しながら人が乗り込んでくるので行きのエアコン付きバスと違って車内はぎゅーぎゅーでした。

もちろん座席もローカル仕様です。

また、帰りは雨が降っていたので道路が土砂崩れなんかで通行止めにならないかヒヤヒヤしました。

とはいえ、ローカルバスでもちゃんと14時間でデリーのI.S.B.T. カシミア・ゲートに着きました。しっかりしてますね!

まとめ

以上がデリーとマナリ間のバスでの移動のまとめでした。

結論から言うと自分は乗りませんでしたが旅行会社経由でツーリストバスを予約するのが一番コスパ良いと思います!(笑)

とはいえ、本当にツーリストバスが900ルピーでしかもエアコン付きかは自分は試せてないので、試した方からはコメント欲しいです。

そんな時間ない!という方にはやはり直接デリーとマナリのバスターミナルに行くのがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください