2020 JPS展に入選しました!入選するのに4年間応募し続けました。

こんにちは、ゆーせーです。

2020 JPS展に入選したのでお知らせします。

下記日程で、東京、京都、名古屋でも展示されます。

  • 東京都写真美術館:2020年5月23日(土)-6月7日(日)
  • 京都市美術館別館:2020年6月23日(火)-6月28日(日)
  • 愛知県美術館:2020年7月21日(火)-7月26日(日)

ついに自分の作品が写真の聖地である東京都写真美術館で展示されます!楽しみ!

JPS展とは

JPS展とは公益社団法人日本写真家協会が毎年開催している写真公募展です。

写真展ではありますが、日本写真家協会が主催する展覧会なので、一般公募では審査が必要です。

今回は入選なのでなんとか展示していただけるという感じですね。

ちなみに上位の賞には文部科学大臣賞、東京都知事賞などがありプロの写真家への登竜門にもなっています。

ちなみに今年は45回目の記念すべき展覧会です。

参考 JPS展公益社団法人日本写真家協会

テーマは自由で、オリジナリティ溢れる写真ならなんでも良いのですが、だからこそ作品選定に悩む写真展でもあります(笑)

受賞作品について

受賞作品はフィリピンの墓地スラムにてビニールプールで泳ぐ子どもたちを撮影した写真です。

墓地や棺桶という日本人からしたら死のイメージしかないものに囲まれているにも関わらず、こどもたちがはしゃぐという生の対比を作品に込めてみました。

こんな墓地で生活している人達がいるということに衝撃を受けた場所です。

入選するのに4年かかりましたw

ちなみにJPS展は2017年くらいから応募し続けていて、やっと入選できました。

長かったです(笑)審査料も2000円くらいかかるのでさらにキツかった(笑)

とはいえ、美術館で自分の写真作品が展示されるのは初めてのことなので大変嬉しいです!展示されたらゆっくり鑑賞したいと思います。

授賞式や展示風景は後日アップできるようならします!

5月23日に開催される授賞式や東京都美術館へも展示を見に行く予定なので、問題なさそうなら受賞式典の様子や展示風景もブログにアップしようと考えています。

とはいえ、美術館なので撮影はNGかもしれませんが。。。

はやくも展示されるのが楽しみです!

関連記事です。

フォトコンテスト入賞はとにかく応募してみないことには始まりません。今回もとにかく応募し続けたことが入選に繋がりました。

受賞するにはルールがある!僕がフォトコンで入賞するのに実践したことまとめ。

昨年はニッコールフォトコンテストでの特選・U-31賞のダブル受賞がとにかく嬉しかったです。

ニコン生誕102周年!第67回ニッコールフォトコンテストで特選・U-31賞を受賞しました。

フィリピンで撮影したスラムはこんな場所になぜ人は住んでいるのか?と衝撃を受けました。今年も訪れる予定です。

マニラのゴミ山や墓地スラムに関して