この場所だけは押さえたい!東京のおすすめ桜撮影スポットまとめ!

こんにちは、@ゆーせーです。

今回は東京のおすすめ桜撮影スポットまとめ!

東京の桜撮影スポットといえばもちろんいろいろあるのですが、東京ならではの風景として東京タワーやスカイツリーと絡ませることができるのが東京ならではの桜撮影!

あとはしだれ桜が有名な六義園もおすすめ。

東京の桜が満開になるのは毎年だいたい3月下旬から4月の初旬。

年によっては満開になっても雨ですぐに散ってしまうことも多い桜。

さて今年はいったいどんな桜が観れるのでしょうか?

というわけでご紹介d(^^*)

2018年の満開は早い!

2018年の都内の桜の開花は平年の3月26日より9日早い3月17日でした。

今週末から目黒川や六義園などでは見頃を迎えており、例年よりも満開も早いですね。

特に今週末は都内は天気も良く桜を撮影しに行くには打って付けですね!

週末は穏やかな空となり、青空のもとお花見を楽しめそうです。

六義園

六義園

六義園といえば有名なのがしだれ桜です。

都内で屈指の有名スポットなので昼間はどうしたって人が入ってしまいます。

撮影するなら昼間でなくライトアップを選択するのがポイントです。特に閉園ギリギリが一番ベストなタイミング。夜21時まで粘りましょう。そこはカメラマンだけの世界になります(笑)

六義園 第二枝垂れ桜

ちなみに六義園にはもう一本しだれ桜があり、第二しだれ桜と呼ばれています。こちらはなぜかライトアップの色が半分ずつ別れており、これはこれで斬新で美しいです。

六義園は庭園も素敵ですし、これで入園料が300円とか安すぎです。

ただ、自分が訪れた時には満開の表示にも関わらず既に散り始めでした。来年はピーク時にもう一度チャレンジしたいです。

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵も東京で桜を撮影するなら押さえて置かなければならないド定番スポットです。

こちらは完璧な見頃で来れたのですが、天気が悪すぎました。しかも連日悪く、天気が良くなる頃には見頃は過ぎていた笑

朝5時の早朝に一度トライしたのですが、結局曇りという結果に。。。

桜 千鳥ヶ淵

桜は咲いているのですが。。。

千鳥ヶ淵 桜 ライトアップ

ただ曇っていても雨は降っていませんでした。ここもライトアップあるので夜に再チャレンジ。だって曇っていても夜なら関係ないですから。

千鳥ヶ淵も大変混雑していて、定番の撮影スポットは入場規制+時間交代制でおちおち三脚も立てられずVR付きの望遠ズームで数撮影して当てる戦法で望みました。

結果的には数枚使える写真があってなんとかなりました笑

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II購入!!これで風景もポートレートもばっちり!

千鳥ヶ淵 桜 リフレクション

ライトアップと満開の桜とリフレクション、そして東京タワー。

とても素敵な場所です。

スカイツリーの河津桜

時期は2月の松が見頃なので少し早いのですが、スカイツリーの前にある河津桜もとても素敵です。

かがんで望遠レンズで撮影すれば圧縮効果でスカイツリーと河津桜の共演ができます。

河津桜は伊豆の河津桜がどうしても有名ですが、実は都内でもボチボチ植えてあったりします。

一足早いお花見!伊豆の河津桜まつりに行ってきた。

実は自分はソメイヨシノより花が大きくピンク色も濃いので写真映えすることから大好きな桜です。

東京は人が多すぎてなかなか写真撮るには忙しい場所ですが、だからこそ東京ならではの風景も撮れるはずです。もっともっと追求していきたいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください