フォトジェニックな写真を撮る!佐賀インターナショナルバルーンフェスタでうまく写真を撮る方法

こんにちは、ゆーせーです。

昨年のことですが、毎年10月末から11月初旬にかけて開催される佐賀インターナショナルバルーンフェスタに参加してきました!

参考 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

今年は行くことが叶いませんが、備忘録としてまとめておきます。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタとは

佐賀バルーンインターナショナルフェスタとは佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷で開催される熱気球の国際競技大会です。

色とりどりの熱気球が空を彩る景色はそれはそれは美しくて、全国のフォトグラファーやインスタグラマーが集まるすこぶるフォトジェニックなイベントです。

佐賀バルーンインターナショナルフェスタは競技大会以外にもバルーンファンタジアと呼ばれるアニメや映画のキャラクターのバルーンが展示されたり、ラ・モンゴルフィエ・ノクチューンという熱気球がバーナーによりライトアップされる夜間係留イベントがありますが、ここでは競技大会のみの写真撮影のコツを紹介します。

というのも自分は競技大会以外、イベントに参加していないのです(笑)

佐賀インターナショナルバルーンフェスタで写真を撮るコツ

ここからは佐賀インターナショナルバルーンフェスタで美しい写真を撮影する方法を紹介します。

写真撮るならぜったいに早朝フライト

佐賀インターナショナルバルーンフェスタでフォトジェニックな写真を撮るなら絶対に朝6時半から開催される競技フライトを狙いましょう。

競技フライトは熱気球が一斉離陸するので佐賀インターナショナルバルーンフェスタの一番のハイライトです。

また競技フライト自体は朝6時半と午後14時半からの二種類がありますが、早朝のほうがおすすめです。

なぜなら早朝のほうが開催される確率が高いからです。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは天候の影響を受けやすい競技のため雨や風の状況次第で急遽中止になることも珍しくありません。

したがって朝の風が弱まっている時間帯のほうが統計的に開催される確率が高まります。

どうしてもみたい人にとっては仮に早朝が中止でも午後からのフライトの可能性を残すことにも繋がります。

また、早朝のほうが朝焼けや嘉瀬川河川敷とのリフレクションも狙えるのでフォトジェニックな写真が狙いやすいのです。

まずは撮影ポイントの下調べを

そしてとにかく大事なのがこれ。

どこから撮影するかは事前に決めておきましょう。

どこから撮影するか決めるだけで写真の8割は決まると言っても過言ではありません。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの場合は嘉瀬川河川敷の対岸側から撮ると、朝の一斉出発をうまく撮れます。

嘉瀬川とのリフレクションも撮りやすいので圧倒的な人気です。

ちなみに会場側はリフレクションは狙らえないですが、あまりにも対岸側の人が多いのでまた違った写真が撮れると思います。

前日から撮影場所の確保を

佐賀インターナショナルバルーンフェスタはとても人気のあるイベントなので、撮影場所の確保がひっじょーに困難です。

なんて言ったて会場はフォトグラファーやインスタグラマーだらけですからね(笑)

日付が変わる前くらいから撮影地で待機して待つくらいの覚悟が必要です。

また、三脚などを置いて撮影地の確保もできますが盗難のリスクがあるし、マナー違反なのでやめたほうがいいです。

車が必要です

競技開始は早朝の6時半です。

また、前述のように撮影場所の確保が非常に困難で、前日からの待機も場合によっては必要なので車は必須です。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ最寄りの「バルーンさが駅」からは早朝の一斉フライトに向けて臨時列車も走っていますが、まちがいなく主要撮影スポットの確保はされているので既に遅いです。

天候不順で撮影できなくても落ち込まないこと!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの競技フライトは雨が降らず、視界が良く、風が穏やかな天候でないと開催されません。ハードルが高いのです。

一番のネックは風速でして、風速4m/sを中止の判断基準としています。

そして風速が4m/s以上ということはけっこうありまして、自分が訪れた時にも一日目は見れましたが、二日目は見れませんでした。

前日から場所を確保しているカメラマンからしたらかなりショッキングな出来事でありますが、あまり落ち込まないことが大切です!

普通にあります!

こんな写真が撮影できる!

ここからは簡単に自分が佐賀インターナショナルバルーンフェスタで撮影した写真をご紹介します!

自分はたった一日しか撮影できませんでしたが、それでもいろんな写真を撮影できました!

定番のリフレクションの写真

朝焼けと熱気球

青空と熱気球

魚眼(フィッシュアイ)で撮影

スマートフォンと熱気球

佐賀と熱気球

朝の清々しい空気感と熱気球のフォトジェニックさが相まってこの時期の佐賀市は本当に素晴らしい場所となります。

まとめ

以上、佐賀インターナショナルバルーンフェスタでした。

2018年の開催日は2018年10月30日(火)~11月5日(月)です!(※ バルーン競技・イベント開催期間は10月31日(水)〜11月4日(日))

日本全国探しても屈指のフォトジェニックなイベントなのでぜひ楽しんできてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください