七色に変わる!?ヒズシビーチの神秘的なサンセット体験。

こんにちは、ゆーせーです。

沖縄の離島、慶良間諸島旅も終盤に差し掛かってきました!前回の記事は下記をどうぞ

阿嘉島を堪能!ケラマブルーのニシ浜ビーチへ。

座間味島のフェリーターミナル

さてさてまずはブログタイトルをスルーして、午前中は阿嘉島から座間味島へ。本日の目的は無人島・安慶名敷島!

無人島渡しで向かいます!そのため、無人島渡しを行っている座間味島へ。

阿嘉島から座間味島は船で15分くらいで着きますよ♫

無人島渡しとは
慶良間諸島には大小様々な幾つもの島々があり、なんと座間味島からはその無人島まで海上タクシーが送迎してくれます。送迎料は1500円〜

無人島と言われるだけあり、帰りの時間を必ず聞かれるので宿泊は不可能です。もちろん飲食店のトイレもシャワーもありませんよ!

座間味島の街並み

座間味島は阿嘉島よりも都会でした。まあどんぐりの背比べといった感じですが。。。笑

でもジャンプ売ってたよ!

無人島渡しの水上タクシー

座間味島で無人島で食べる軽食を買った後は予約していた水上タクシーへ。

いざ無人島・安慶名敷島!

水上タクシーの運ちゃんの背中

なんだか水上タクシーの運ちゃんの背中が逞しいです。さすがは海の男!

水上タクシーでア安慶名敷島

水上タクシーで約5分くらいで安慶名敷島に到着。料金は1500円。しかしいったいこの値段は安いのだろうか??笑

だって阿嘉島-座間味島は片道300円ですからね!しかも距離長いし!

まあタクシーだから仕方ないか。。。

安慶名敷島の全景

安慶名敷島も昨日のニシ浜ビーチと一緒で美しいケラマブルーのエメラルドブルーでした!奇しくも今日は台風の影響で波が高くニシ浜ビーチは遊泳禁止。昨日行っておいて良かった!

安慶名敷島はビーチの方角が波と反対だったので、遊泳可能でした!ラッキー(●´∀`)ノ

安慶名敷島のビーチ

安慶名敷島の浜辺

安慶名敷島のビーチは海にプカプカ浮いたり、シュノーケリングで魚を見たりと気持ちよく過ごすことができました。めっちゃいい休日の過ごし方。

でも。。。男二人でビーチは来るとこじゃないね(´`)=3

まあ初めからわかっていたことです。はじめから。。。笑

一人よりはマシだと自分を励まします!笑

ケラマブルーの海の船

座間味のレストラン・まるみ屋

そして二時間くらいゆったりした後は座間味に戻って昼ごはん!座間味の食事処として定番らしいまるみ屋さんに行ってきました♫

まるみ屋のサービスランチ

サービスランチを注文!豚の角煮が大きくて旨い!でも口内炎にめっちゃ染みる!!

ヒズシビーチのヤシの実

まるみ屋でランチした後は座間味から再び阿嘉島に戻ります。しかしめっちゃ暑い!!

普段は旅行に来たら観光地を駆けまわるタイプなのですが、軽く暑すぎて熱中症になりかけだったのでオーシムでクーラーをがんがんにかけて休んでました。

そして夕方。そろそろ活動してもそんなに暑くない!というわけでヒズシビーチへ!

ヒズシビーチの神秘的なマジックアワー

今日は昨日に比べて雲がない!というわけでめっちゃ神秘的な夕日を見ることができました。

海の色もエメラルドブルーなので神々しい。入江に夕日とかロマンチック。

七色に染まるヒズシビーチ

その後はマジックアワー。ヒズシビーチはまるで七色のようにカラフルに色を変えて行きました。

そして僕は日が暮れるまでシャッターを押し続けてしまいました。貴重なサンセット。

この夕日を見ることができただけで阿嘉島に来てよかった。心からそう思えた瞬間でした。

マジックアワーとは

日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を指す撮影用語。

日没後の薄明かりの時間はまるでマジックのように芸術的な写真が撮影できることからそう呼ばれます。ちょっと関係ないけど僕は三谷幸喜の映画「マジックアワー」でこの用語を覚えました。オススメ!

阿嘉島の星空

そして夕食後の星空。

この日は雲が少なくて星もよく見えました。阿嘉大橋は夜は交通量が1時間に1台とかなので笑、車道に寝そべって大声で二人で歌とか歌っていました。青春!!

次回の記事は下記をどうぞ

阿嘉島のホスピタリティに感動!また行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください