ブログURL変わりました!Feedlyに再登録ください!

僕が考える旅で使える最強のクレジットカードまとめ

こんにちは、ゆーせーです。

今回は旅で役立つクレジットカードのまとめです。

クレジットカードはなくても生活できますが、日々の生活や旅に彩りを与えてくれる便利グッズだと考えています。

特に今回は世界一周など長期旅行をするバックパッカーや秘境を旅する旅人にオススメなクレジットカードをまとめてみました!

もちろん、普通の観光旅行でも使えますよ。

注意

クレジットカードは社会的ステータスがないと審査落ちして発行できない場合があります。

社会人であれば特に問題ありませんが、もし退職されて世界一周の旅や写真の旅に出ようと考えている方は計画的にカードを発行してから退職しましょう。

旅に出る前にオススメなカード

まずは旅に出る前から使えるオススメのクレジットカードのご紹介!

まるで錬金術のようにANAマイルがザクザクと貯まったり、ファーストクラスラウンジに無料で入れたりとクレジットカードがあれば魅力的な体験ができます。

ソラチカカード

ソラチカカードはANA To Me CARD PASMO JCBの俗称です。正式名称が長すぎますね。

ソラチカカードはまるでANAマイルを現金のように貯めることができる魔法のクレジットカードです。まさに錬金術

ソラチカカードがあればソラチカルートと言って、メトロポイントを90%の還元率でANAマイルに変換できます。

ソラチカルートは下記のプロセスです。

何言ってるかわからない方は下記のリンクを参照して下さい。

【2018年版まとめ】ソラチカカードを使えば年間最大21万6000マイル貯まって年3回タダで海外に行ける!

ソラチカカードを持つことでまるで現金を貯めるようにポイントサイトのポイントをマイルに還元できます。

ポイントサイトとは

ポイントサイトとは、成功報酬型広告(クレジットカードの発行や講座の解説など)を中心に広告代理業を行うサイト。

サイト運営者は広告を掲載することにより報酬を受け取り、サイト利用者は掲載されている広告を利用することで成功報酬を得られるシステムとなっています。

例えばハピタスなどが有名です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ちなみになぜポイントサイトのポイントは現金ではなくて、マイルにした方が良いかというと1マイルの価値は現金の少なくとも2円以上だからです。

例えば成田→ニューヨークのファーストクラス往復は最盛期で約233万円します。むちゃくちゃ高いですね。

しかしANAマイルなら成田→ニューヨークの最盛期のファーストクラスでもたった16万5千マイルで取得できます。

この場合の1マイルの価値は 2,337,680÷165,000=14.17 となり、1マイル=14.17円となります。

どうようにビジネスクラスとエコノミークラスの場合のマイルの価値も見てみましょう。下記の比較表を参照してみてください。

※最盛期で想定ファーストクラスビジネスクラスエコノミークラス
「成田ーニューヨーク」運賃2,337,680円1,375,680円462,180円
「成田ーニューヨーク」必要マイル165,000マイル90,000マイル55,000マイル
1マイルの価値14.17円15.29円8.40円

あきらかにマイルに還元した方が効率的です。

特にバックパッカーや秘境が好みの方なら、例えばインドなら最低3万マイルあればデリーまでの往復チケットを取得できるのでたった二ヶ月間ソラチカルートを頑張れば航空券を取得できますよ!

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは年会費が1万円(税別)かかりますが、世界中の航空会社のラウンジに無料で入れるプライオリティパスがなんと無料で付帯します。

プライオリティパスが無料!!楽天プレミアムカードの豊富な特典の紹介。

プライオリティパスには下記の種類がありますが、楽天プレミアムカードに無料付帯するのはなんと最上級のプレステージ会員。

お値段は399ドル(日本円で約45000円)ナリ。

プラン年会費利用料金ラウンジ利用内容
スタンダード99ドル27ドル利用料金をその都度請求
スタンダード・プラス249ドル27ドル利用料金をその都度請求(10回迄無料)
プレステージ399ドル無料無制限に利用出来る。

プライオリティパスの年会費よりも楽天プレミアムカードの年会費の方が安いというバグったクレジットカードです。

ちなみに世界の航空会社のラウンジで実際にプライオリティパスを使ってみた体験記は下記をどうぞ。

北京のエアチャイナのファーストクラスラウンジです。

プライオリティパスの威力!北京のラウンジ最高!

個人的にはラウンジを一回利用するのは最低でも3000円くらいの価値はあると考えています。

つまり4回以上利用すれば元は取れます。海外旅行の往復でそれぞれラウンジを利用したと想定すると年に二回も海外旅行に行けば十分に元は取れますね。

特に秘境や世界一周なんかしてると飛行機移動の回数も多いので、使えば使うほど元が取れるし、ラウンジで旅先の疲れを癒すことができます。

あとはゴールドカードでもあるので国内線でも国内線のラウンジ利用できます。

日本国内のラウンジでも特に地方なんかはけっこうお得なラウンジ多いです。

熊本空港のラウンジ「ASO」がカードラウンジではかなり良かった。

楽天プレミアムカードはプライオリティパスついてるだけで充分なメリットあります。

あと、ゴールドカードなので地味に保険内容も自動付帯で良かったりします。楽天ポイントの還元率も上がります。

自動付帯とは

自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入るものです。

自動付帯の多くは、出国した日から90日間が補償の期間になります。(各クレジットカードで異なるので要確認が必要です)



ANA VISAワイドゴールドカード

クレジットカードでマイルを貯めるにはいわゆるソラチカルートが最強ですが、本来のクレジットカードの利用分の還元率でマイルを貯めるのに最適なのがANA VISAワイドゴールドカードです。

還元率はゴールドカードのステータスでは最強レベルの最大1.72%。100円使えばざっくり2マイル貯まる計算になります。

またさすがはANA系のゴールドカードなので旅行保険も充実!

海外旅行保険は自動付帯であり、通常、もっとも備えるべきリスクである病気・ケガ(疾病・事故)に対して150万円が補償されます。

自動付帯は多くのクレジットカードで約90日間補償されるので、短期旅行ならいちいち海外旅行保険に加入する必要がありません。

海外旅行保険が充実しているクレジットカードを複数持っていけばそれだけで保証されます。

長期旅行でも90日ごとに日本に帰国すればOK。

またANA VISAワイドゴールドカードはANAの上級会員になると加入できる憧れのANA スーパーフライヤーズカード(通称 SFCカード)に切り替えることも可能です。

参考 スーパーフライヤーズカードANA

そしてANAマイルからANAスカイコインへ1.6倍で交換できるので、ANA上級会員への修行にも最適!

旅先ではクレジットカードを使った出費も多いのでANA VISAワイドゴールドカードで効率よくマイルを貯めるのがオススメです。

旅先で役立つカード

ここからは実際の現地で役に立つクレジットカードの紹介です。

普段の旅に少しでも安心感を与えてくれる充実の無料海外旅行保険内容だったり、海外でいつでもATMでお金を引き落とせるカードだったりします。

エポスカード

エポスカードは竹野内豊のCMで有名なマルイのクレジットカードですね。

エポスカードは年会費永年無料ですが、年会費無料にも関わらず海外旅行保険がとても充実しています。

エポスカードの海外旅行保険は利用付帯ではなく自動付帯です。さらに年会費無料のクレジットカードではなかなかつかない傷害治療・疾病治療の補償額が200万円も入っています。

しかも200万円が補償されます。ANA VISAワイドゴールドカードが150万円だったので、なんとゴールドカードよりも良い補償内容です。

自動付帯と利用付帯の違いとは

自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入るものです。

一方で、利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードを利用しなければ、海外旅行保険が適用にならないものです。

実はクレジットカードの保険は死亡保険以外は保険金額を合算できます。

例えばAカードで疾病・傷害治療費が200万円、Bカードでは300万円の補償が受けられることになっていると、最終的に「200+300=500万円」の補償が受けられるということです。

ここまでであげた楽天プレミアムカードやANA VISAワイドゴールドカードの疾病・傷害治療費金額はそれぞれ300万円と150万円なのでこれにエポスカードと合算すれば650万円!

これだけの保証があればガチで短期の海外旅行も安心ですね。特にヨーロッパやアメリカはちょっとした事故でも400万円くらいかかったりするので安心です。

ちなみにエポスカードをよく利用するとエポスゴールドカードへのインビテーションももらえて、なんと年会費5000円のゴールドカードが永年無料で使えます。

セディナカード

セディナカードは海外旅の際にATMでお金を下ろすのに最適です。

というのもセディナカードはペイジーというキャッシングしたお金をインターネット上で返済できるサービスが使えるからです。

参考 ペイジー

ほかのクレジットカードでももちろん、キャッシングは可能ですがネット上で返済できるのはペイジーのみです。

このサービスがあることで海外旅行中も旅先から日本のクレジットカード会社に電話をかけることなく返済が可能となります。

ただし、ペイジーは実はエポスカードでも対応しています。あまりクレジットカードを増やしたくない方はエポスカード一枚でもいいかもしれませんね。

海外ATMでのキャッシング方法は下記をどうぞ

海外旅行でもっとも手数料が安い換金方法。海外キャッシングとは?

まとめ

以上、旅で使えるクレジットカードまとめでした。如何でしたでしょうか。

どのクレジットカードもこれから旅立つバックパッカーの強力な味方になるカードばかりです。

特に旅に出るために仕事辞めるなんて方は早めに発行しておくことを強くオススメします!ガチで仕事辞めたらクレジットカードは発行できませんよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください