6月19日(火)~7月8日(日)で横浜の綱島にて写真展開催中!

マッコウクジラの捕獲が世界で唯一認められているたった一つの村。ラマレラ村へのアクセス方法

こんにちは、ゆーせーです。

世界で唯一、マッコウクジラの捕獲が認められているインドネシアのラマレラ村。

この村ではプレダンと呼ばれる木造舟に乗って、ラマファと呼ばれる船主が手持ち銛(もり)でマッコウクジラをしとめる伝統捕鯨がこの現代でも行われています。

今回はそんなラマレラ村へのアクセス方法(行き方)をご紹介します!

1.日本からバリへ

日本から直接、ラマレラ村のあるレンバタ島のレウォレバやその近くのフローレス島のマウメレへの直行便はないので、まずは日本からデンパサール(バリ)へ向かいます。

デンパサールまでの直行便はガルーダインドネシア航空とエアアジアの二社のみ。

案外、日本からだとバリはアクセス悪いですね。ANAかJALが直行便飛ばしてくれることを期待。

そしたらマイルで飛べますし。

【2018年版まとめ】ソラチカカードを使えば年間最大21万6000マイル貯まって年3回タダで海外に行ける!

ガルーダインドネシア航空はインドネシアのナショナルキャリアなので、満足いく機内サービスを受けられますし、エアアジアでしたら格安でバリに行けます。

自分の場合はエアアジアを選択しましたが、ゴールデンウィーク中の滞在にも関わらず四万円前後で成田⇆バリ間の航空券をおさえることができました。

タイ、マレーシア、シンガポール経由でバリを目指す方法やジャカルタ経由の移動も考えられますが費用対効果でみてバリ直行便が良いと思います。

また、行き帰りでバリを経由することでラマレラ村での体験前後の良い息抜きにもできます。バリはまったりするのに最高です。

2.バリからマウメレへ

バリからはレンバタ島の隣にあるフローレス島のマウメレまで国内線を利用します。

デンパサール(バリ)⇆マウメレ間はガルーダインドネシア航空以外にもインドネシアのLCCであるウイングスエアやNAMエアも飛んでいるので往復でも二万円以内で収まります。

航空券購入には最安航空券を比較できるスカイスキャナーがおススメです。



また後述しますが、デンパサールからクーパン経由で直接ラマレラ村のあるレンバタ島へ空路で行くことも可能です。

3.マウメレからララントゥカへ

マウメレに到着したらレンバタ島へのフェリーが発着しているララントゥカへ向かいます。

マウメレからララントゥカまではTerminal Lokariaというバスターミナルから毎朝8時に出発している模様。料金は60000ルピアで所要時間は4時間。

ちなみに1ルピアの価値は約0.01円なので、60000ルピアは約600円です。

しかし現地を訪れて確認したところ、下記のポイントでミニバスが駐車していてララントゥカまでの客引をしています。

人が集まれば出発し、料金もバスと同額の60000ルピア。

その他、マウメレ市街地の下記のポイントにもミニバスが数多く停車しているのでララントゥカに行くと思います。

自分はマウメレで一泊覚悟でしたが、たまたまララントゥカ行きのミニバスを見つけて、デンパサール→マウメレ移動日にララントゥカまで行くことができました。

マウメレはそんなに見所はないので、マウメレに着いたら上記ポイントでララントゥカ行きのミニバスを探してさっさと移動することをおすすめします。

4.ララントゥカからレウォレバへ

ララントゥカに着いたらレンバタ島のレウォレバへフェリーで移動します。

ララントゥカ→レウォレバまでは8:00と12:00に出発、所要時間は3時間で料金は50000ルピアです。

逆のレウォレバ→ララントゥカは朝8:00にフェリーが出ています。

そのあとの9:00には所要時間が一時間でつく高速艇もでているようですが自分は未確認です。料金は倍の100000ルピアだそう。

船内は今にも沈没しそうな木造船ですが、物売りが入ってきたり、航路から見える島や海が綺麗でとても楽しいです。

5.レウォレバからラマレラ村へ

レウォレバに着いたらいよいよクジラの村、ラマレラ村まであと僅かです。

レウォレバ港から車かバイクタクシーに乗ってラマレラ村行きのバスターミナルに向かいます。

自分はバイクタクシーを利用しました。料金は10000ルピアでした。

バスターミナルからラマレラ村へのバスは自分の場合は13時くらいに出発して、所要時間3時間で料金は35000ルピアでした。

レウォレバ⇆ラマレラ間は今まで体験したことがない悪路で、本当にこれが道なの???という感じです。

詳しくは動画をどうぞ

まるでジェットコースターに乗っているかのように揺れます。

バスに乗っていればラマレラ村にある宿のAbel Beding Homestayで降ろしてくれます。

逆にラマレラ村からレウォレバへは朝4時と夕方4時にAbel Beding Homestayの前から出発しています。

ちなみにAbel Beding Homestayは一泊三食付きで150000ルピアです。

その他、デンパサールからクパン経由、レウォレバ行きもあります。

上述しましたがデンパサールからティモール島のクーパン経由でレンバタ島のレウォレバへ直接行くこともできます。

この方法でマウメレ⇆ララントゥカのバスとララントゥカ⇆レウォレバのフェリー移動がなくなるので単純に往復で二日は節約可能です。

ラマレラ村で会ったインドネシア人も現在はこの方法が普通のアクセス方法とのこと。

ただ、ラマレラ村で出会った日本人のフォトグラファーや学者、他の欧米人はやはりマウメレ経由のようで、理由としてはクーパン経由レウォレバは欠航が多くてスケジュールを読めないからとのこと。

特に出会ったフォトグラファーや学者さんはどちらも20年以上、ラマレラ村に来ている方々なので理由も説得力があります。

自分としては初めて行くなら道中の悪路も含めて旅だと思うので行くならマウメレ経由で良いのでは?という感じです。

以上、日本からクジラの村、ラマレラ村へのアクセス方法でした!

地球の歩き方のインドネシア版にも1ページのみラマレラ村へのアクセス方法が記載されているので参考にしてみて下さい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.