【ラマレラ村滞在記 】ラマレラ村で幻想的なミサを体験!

こんにちは、ゆーせーです。

ラマレラ滞在記の2回目。前回の記事は下記をどうぞ。

【ラマレラ村滞在記】バリからララントゥカまで1日で移動する。

ラマレラ滞在記の2回目とか言いながら、前回の記事ではラマレラ村に到達しておらず、今回でいよいよラマレラ村に着きます(笑)

この日は四月の最終日。ラマレラ村では5月1日がクジラ漁の解禁日にあたるのでこの日はキリスト教のある特別なイベントがあります。

【本日の移動】

ララントゥカ→レウォレバ(フェリー 約3時間 50000ルピア)

レウォレバ→ラマレラ村(バス 約3時間 35000ルピア)

【本日の宿】

Abel Beding Homestay(個室 マンディ共同 一泊三食つき 150000ルピア)

ララントゥカからレンバタ島へ

この日はまずはララントゥカからラマレラ村のあるレンバタ島の港、レウォレバを目指します。

フェリーは朝8時に出航と聞いていたので、朝7時くらいに早めに行ったら、なんと二艇停まっていました。どっちに乗ればいいんだ?笑

どちらもレウォレバ行くとのこと。一応、なんかあった時のために混んでそうな方の船を選んでみました。

そんなに大きな船ではありませんが、バイクが積み込まれたり、物売りが来たり面白いです。

また景色も大変良くて、インドネシアが無数の島々に囲まれていることを実感。

実はけっこう離島好きでして、瀬戸内海やら沖縄の慶良間諸島や八重山諸島にもそこそこ足を運んでいるので嫌が応にもテンションが上がります。

初めてウミガメに出会えた!阿嘉島でダイビングを満喫♫ 日本最南端の島・波照間島を遊びつくす!!

フェリーは途中でレンバタ島とフローレス島の間の島にとまります。

そしてレンバタ島に到着。

レウォレバからラマレラ村へ

レンバタ島のレウォレバ港からはオジェ(バイクタクシー)でバスターミナルへ。

そこでラマレラ村のシスター達と仲良くなりました。

インドネシア全体だとイスラム教徒が多いし、バリはバリヒンドゥー教徒が多いですが、フローレス島やレンバタ島はキリスト教教徒が多数派を占めます。

歴史的にこのあたりはオランダ宣教師の布教が定着していて、今でもキリスト教(カトリック)です。

仲良くなったらちまきのようなものをごちそうになりました♫

ラマレラ村行きのバスはこんな感じ。

そして道中はとんでもない悪路です。山道を越えていきます。

悪路過ぎて、レウォレバからラマレラ村まで距離的にはそんなに遠くないのに三時間以上かかります。

中長距離バスでこれだけの悪路を経験したことがなかったので思わず動画を撮りました。

車が上下左右に常に揺られるし、車内は暑くて何もできません笑

そうこうしているうちにラマレラ村へ到着。

宿はバスの運転手に紹介されたAbel Beding Homestayへ。

宿の前のバルコニーではクレイジージャーニーの出演者である写真家の石川梵さんといきなり遭遇!笑

自分の今回の旅の動機となったTV番組の出演者ですね。

僕がインドネシアを旅する理由

ラマレラ村のドキュメンタリー映画の撮影でこれから一ヶ月以上滞在されるとのことでした。

自分が石川梵さんのクレイジージャーニーを見てラマレラ村へ来ましたと伝えたら、大変喜ばれていてなんだかこちらも嬉しかったです!自分が滞在中は大変お世話になりました。

アベルのホームステイ自体は三食付きで一泊150000ルピー。海にもほど近いしまずまずかと思います。

宿は全部個室になっていて蚊帳もちゃんとしています。ラマレラ村はマラリア汚染地区と聞いていたので蚊帳がしっかりしていて安心しました。

夕食と朝食の写真をそれぞれ掲載します。次の日には宿を変えたので昼食は食べませんでした。

食事はレンバタ島で取れたものが出ます。味はまずますといったところです。

ラマレラ村のミサへ

そして、宿をとってすぐにこの日のイベントに参加。

明日からクジラ漁の本格的なシーズンに入るので、4月の最終日の本日はキリスト教のミサが行われるのです。

ミサは開漁日前の本日は海で亡くなった死者に捧げられ、翌日の開漁日には今年の豊漁を願って行われます。

ラマレラ村滞在日が1日遅れていたら見れなかったので本当に運が良かったです。

マウメレでたまたまララントゥカ行きのミニバスを見つけられて良かった。。。

ミサには村中の人々が集まります。

そして宣教師のお話と合唱。

ミサ自体は三時間ほど続いて、最後は海で亡くなった漁師を偲んでろうそくを点火。

家族をなくした人は小さな小舟にろうそくを灯して海に流したり、村中の人々が砂浜にろうそくをたててお祈りしていました。

ミサがあることは知っていましたが、内容自体は知らなかったのでこんなに厳かなイベントであることを体験して感動しました。

自分はクジラ漁を見に来たわけですが、このミサも体験できて良かった。間に合って良かったです。

そして明日のミサに備えます。

次回の記事は下記をどうぞ

【ラマレラ村滞在記】ラマレラ村のミサとクジラ漁の勢いに驚く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください