ニコン生誕102周年!第67回ニッコールフォトコンテストで特選・U-31賞を受賞しました。

こんにちは、ゆーせーです。

もはや毎年の恒例行事になってきた感もありますが、今年もニッコールフォトコンテストに入賞できました!

参考 第67回ニッコールフォトコンテストニコン

毎年ありがたいことに入賞しておりますが、ニッコールフォトコンテストは毎年数万点が応募される非常に大規模なフォトコンテストです。

自分はニッコールフォトコンテストの4つある部門(モノクローム、カラー、ネイチャー、Top Eye&Kids)の中のカラー部門で入賞しましたが、カラー部門の応募点数は17,213点でした。入賞するには数百点に一作品の割合です。身の引き締まる思いですね。

さらに今回は特選・U-31賞のW受賞でした。

特にU-31賞は各部門の入賞者の中から30歳以下で、もっとも優秀な作品に与えられる賞です。

自分は年齢的にギリギリだったので、実は狙っていたのですが、見事に取れて嬉しかったです。

そんなニッコールフォトコンテストを今年もご紹介します!

受賞作品について

まずは自分の入賞作品のご紹介。

カラー部門の4枚組写真で入賞しました。

ニッコールフォトコンテストはweb応募がなくなったので、今回もプリントで印刷し入賞しました。

自分の受賞作品である「生きる場所と死ぬところ」は、フィリピン・マニラのスラムを撮影した作品になります。

下記の作品です。

作品は今年のGWにフィリピンを訪れたときに撮影しました。

GWのマニラは酷暑期でもっとも暑い季節であり、意識が朦朧となりながらも、スラムに生きる人々のパワフルさに元気をもらってやり遂げることができました。

マニラのスラムに関してはいろいろと考えることも多く、ふたたび訪れたい場所の一つです。

マニラのゴミ山や墓地スラムに関して

ニッコールフォトコンテスト授賞式

2019年12月17日に第67回ニッコールフォトコンテストの授賞式と懇親会が開催されたのでその模様もお伝えいたします。

会場は新宿のハイアットリージェンシー東京でした。昨年までは恵比寿のウエスティンホテル東京で開催だったのでなんだか新鮮な気分です。

今勤めている職場から1駅のところだったので大変ありがたい授賞式会場でした(笑)

受付を済ませると、会場では今回のニッコールフォトコンテストの入賞者に贈呈される盾が展示されていました。

今回、自分は特選だったのでこちらの盾が頂けます。ここ数年は入選が続いていましたが、入選から特選にあがると盾のサイズが変わるんですよね。嬉しい!

そのほか、ニコンのカメラの実機も展示されていました。

会場はこんな感じ。ニコンイメージングジャパンの役員やニッコールフォトコンテストの審査員の先生方、そのほか写真協会の方や出版社の方も出席されていました。

そして今回は特選で、U-31賞だったので、演台に登壇して盾や賞状を頂いたり、授賞式のあとの写真撮影もありました。

ニッコールフォトコンテスト懇親会

ニッコールフォトコンテストの授賞式のあとはそのまま会場を移してニッコールフォトコンテストの懇親会が開催されました。

規模の大きなフォトコンテストの懇親会らしく、今回も豪華な食事でした。

懇親会の場では、今回審査頂いた先生方ともさまざまなお話ができて大変有意義でした。

人がなかなか撮らないテーマを、しっかりと準備して撮影する。これが重要だと思いました。

あとは、たまたま入賞者の方にこのブログを読んでいる学生の方がいらして大変嬉しかったです。

このブログは誰かの旅や撮影の参考になったりすればいいなといつも思いながら書いているので、リアルでブログの読者に会えるのは大変嬉しいです。

懇親会の後は今回の特選やU-31賞に関わる賞金を頂きました。

いつもより量が多くて重いなと思ったら納得の物量でした(笑)

大切に保管したいと思います。

ニッコールフォトコンテスト入賞作品展に関して

今回の第67回ニッコールフォトコンテスト入賞作品は下記の会期で入賞作品展が開催されます。

2019年12月17日(火) 〜 2019年12月28日(土) 日曜休館
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
THE GALLERY 新宿1・2(ニコンプラザ新宿)

2020年1月30日(木) 〜 2020年2月 5日(水) 日曜休館
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
THE GALLERY 大阪(ニコンプラザ大阪)

ニコンプラザ新宿の入賞作品展はニッコールフォトコンテストの授賞式のあとに立ち寄ってみました。

実は昨年まではニッコールフォトコンテストの授賞式が11月下旬で、ニッコールフォトコンテスト入賞作品展が12月末であったので、授賞式と作品展の間に期間があったので授賞式の後にそのまま見に来ることができませんでした。

しかも授賞式の会場が恵比寿のウエスティンホテル東京からハイアットリージェンシー東京になったので、気軽に立ち寄れるようになったのはいいことですね。

会場はニコンプラザ新宿のザ・ギャラリーと呼ばれる展示スペースです。

受賞式の後ということで、入賞した方々がそのまま大挙して訪れたので、ザ・ギャラリーがまるで懇親会のあとの2次会のようになっていました(笑)

ニッコールフォトコンテストの審査員の先生方もいっぱい訪れていたのでめちゃくちゃ豪華になっていました(笑)

自分の作品が一般の様々な方々に見て頂けるのはやはり大変嬉しいですね。もっと良い写真が撮れるようになりたいです。

そしてニッコールフォトコンテスト入賞作品展でもっと大きなサイズで展示されたいです。

ご都合つく方はぜひお越しください♫

自分も少なくとも12月18日(土)の夕方はニコンプラザ新宿に行く予定なので、もし自分と話してみたい方はツイッターやメールアドレスにコンタクトいただければご都合をつけることもできます。

以上、よろしくおねがいします!

関連記事です。

こちらの記事に書いてあることを忠実に実行していけばフォトコンテストで入賞できます。

受賞するにはルールがある!僕がフォトコンで入賞するのに実践したことまとめ。

フォトコンテスト応募用にもフォトプリンターは持っておいて損はないです。

EPSONのインクジェットプリンターSC-PX5VIIレビュー!プリントしてこそ写真は完成する。

過去のニッコールフォトコンテストの入賞記事です。第64回の初入賞から連続で入賞しており、非常に光栄です。

ニコン生誕99周年!第64回ニッコールフォトコンテストで入賞しました。ニコン生誕100周年!第65回ニッコールフォトコンテストで入賞しました。ニコン生誕101周年!第66回ニッコールフォトコンテストで入賞しました。