富士山の撮影スポットまとめ。富士山撮影は写真家を惹きつける魅力でいっぱい!

こんにちは。三度のご飯より、富士山が大好きなゆーせーです。

日本といえば富士山。富士山といえば日本と言っても過言ではないほど富士山は古くから国内外で日本の象徴とされる山です。なんと言ってもお札にまで印刷されていますからね。

まさに国を代表する風景です。

そんな富士山が写真家の被写体にならないわけもなく、これまた古くから富士山を撮影している方は数多くいます。

そんな富士山の自分が実際に訪れた撮影スポットをまとめてみました(・∀・)

富士山は絵になる。

河口湖 雲 富士山 桜

もう何度でも言いたい事実なのですが、富士山はめっちゃ絵になります!

ほんとどこからどのように撮っても絵になるくらいです。

富士山の標高は3,776m。世界でもっとも標高の高いエベレストが8,850mなので標高で言ったらまったく話にならないですが、山の美しさに標高は関係ありません。

富士山が美しいのは独立峰(つまり付近に山がないこと)であることと、その美しいフォルムにあると思います。

富士山はどこから見ても誰しもが想像するようなシンプルな三角形の山をしています。

どんなに山に詳しく無い人が見ても日本人なら富士山をみたら一瞬で認識できるはずです。

これが他の山だったらそうもいきません。標高の高い山は連峰を形成しているので、山好きでなければどれがどの山なのか検討も付きませんし、山の形もぐちゃぐちゃしていて絵にならないこともしばしば。

さらに富士山は日本で一番高い山です。愛されないわけがありませんな(・∀・)

富士山をひたすら撮る。撮影スポットまとめ。

そんな富士山の実際に自分が撮影で訪れた場所をまとめました。

河口湖

富士山 河口湖

富士山撮影しようと思ったらまずはじめに思い浮かぶのが河口湖かもしれません。

朝から晩まで河口湖から雄大な富士山を拝むことができますし、春は、冬の夜は冬花火とイベントに事欠きません。

また周辺には駐車場、コンビニ、ホテルとなんでもあるので何かあっても困ることがありません。

ちなみに桜の咲く季節は桃源郷状態になることでも有名です。

ここは桃源郷ですか?桜の季節の河口湖が美しすぎた。

河口湖付近の天下茶屋

富士山 天下茶屋

河口湖周辺の街並みと雄大な富士山を見下ろすことができるおすすめスポットです。

ここはあまり人も来ないので、早朝に行くと周りの人に気兼ねなく撮影ができます。

標高が高いので、曇っていて河口湖から富士山が見えないような日でもこの場所からなら富士山が撮影できることもあります。

新倉山浅間公園

富士山、桜、五重の塔が一緒に撮影できる唯一のスポットが新倉山浅間公園です。

というか贅沢すぎますね。カレーに寿司にステーキが一緒に食卓に並ぶようなもんです。

しかも駅からも近いので、都内からも終電で向かって徹夜して翌日の早朝に撮影可能です。(やりました)

これぞジャパンな景色!新倉山浅間公園で満開の桜と富士山と五重塔を撮影!

ふもとっぱら

ふもとっぱらはキャンプ場ですが有名な富士山撮影スポットでもあります。

静岡県なら一番好きな撮影スポットがこの場所です。

前日から仲間とキャンプして、早朝に起きてこの場所で撮影なんてことができる素晴らしい場所でもあります。

ふもとっぱらでダイヤモンド富士を撮影!

霧ヶ峰高原のビーナスライン

諏訪 朝日 富士山

マイナス20度の中、早朝から富士山を撮影した思い出深い場所が霧ヶ峰高原のビーナスライン。

富士山からめっちゃ遠い場所にあるにも関わらず、冬の晴れた日には富士山を撮影できます。

望遠レンズ必須の富士山撮影スポットです。

精進湖

精進湖は富士五湖の中でも小さな湖ですが、富士山が綺麗に映る場所です。

精進湖の前には大室山と呼ばれる小さな山があるので、富士山とセットで子抱き富士を撮影できます。

また湖が凍っていなければ湖水の水面に映って富士山が逆さに見える逆さ富士もみれます。

精進湖キャンプ場は湖ギリギリまで車を停めることができるので、冬の寒い富士山でも三脚を立ててすぐ近くで車で待機しながら撮影できる素晴らしい場所です。

富士山は写真撮影で飽きない!

これがもうまじで飽きない被写体です!笑

富士山を主役において、周辺の湖とか山々とかを引き立てやすいんですよね、これが。しかも富士山自体も朝、昼、夕方、夜とまったく違う顔を見せるので非常に面白い!

富士山 星景 写真

夜は夜でまったく富士山を撮れないことなんてなくて、晴れていれば星と絡めることもできます。

富士山 星景写真

富士山くらい大きくて存在感があると主役として置いても、どんな周辺の風景や気象条件にも負けません。富士山写真家が多いのもうなずけます。

ただ悪く言ってしまうと、どれも富士山の主張が強すぎる写真になってしまいます。注意しなければならないポイントですね。

様々な顔をもつ富士山

ダイアモンド富士 失敗

富士山の頂上部と太陽が重なった瞬間をダイヤモンドに見立てて一般的にダイヤモンド富士と呼びます。

今まで何度かダイヤモンド富士を狙ったこともありますが、天気に恵まれずに失敗することが多いです(笑)

何度かトライしてかろうじて観れたのがこの写真です。

もっといい条件で撮影してみたい!(笑)

こういったレアな条件を狙って富士山撮影する方もいっぱいいらっしゃいますね。

ちなみに月が重なった瞬間はパール富士と呼ばれ、ダイアモンド富士よりさらに困難です。

撮影で役に立った本の紹介

三好和義 富士山極上の撮影術

そして今回の富士山撮影で大変お世話になった本があったので紹介しておきます。

三好和義先生の富士山 極上の撮影術です。

この本、何気なく図書館で借りてきて今回の撮影に持参したんですが、とにかく富士山撮影に関して詳しく書かれています。

大きく美しい富士山の写真が掲載されているのはもちろんですが、その写真がどのように撮影されたのかレンズの設定や撮影場所の詳細、三好先生の装備や撮影イメージ作りまで書いてあり、まさに富士山撮影の決定版です。

一度、富士山撮影される方はぜひ眼を通して見られたほうがいいと思います♫

参考 楽園写真家・三好和義公式ウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください